2019年4月23日(火)

大日本印刷、電子図書館で出版などと提携 自治体の採用狙う

2016/10/29 10:54
保存
共有
印刷
その他

大日本印刷が電子図書館の分野で、講談社、KADOKAWA、紀伊国屋書店の3社と提携することが明らかになった。11月に3社が運営する電子図書館サービス会社に1億1千万円を出資し、自社のサービスに講談社などの作品提供を受ける。取り扱う作品を増やすことで、地方自治体などの採用拡大をねらう。

講談社などが出資する日本電子図書館サービスの第三者割当増資に応じる。4社で株式を25%ずつ持ち合う形になる。

電子図書館は自治体などで住民に電子書籍を貸し出すサービス。スマートフォンやパソコンで読める。出版社や印刷会社にとっては本の買い控えにつながる懸念がある一方、同時に借りることができる人数に上限があるため、待ち切れなくなった人を購入に誘導する効果も見込める。

大日本印刷は電子図書館システムで国内シェア8割の最大手だが、提供する書籍は約4万冊と少なく、自治体の採用は50件程度にとどまっていた。

日本電子図書館サービスは講談社やKADOKAWAが小説などの電子書籍を提供。大日本印刷は今回の提携により、電子図書館の提供作品を増やす。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報