2019年1月24日(木)

学研HDと栄光HD、株持ち合いを強化

2014/8/29付
保存
共有
印刷
その他

学研ホールディングスと栄光ホールディングスは29日、株式の持ち合いを増やして主力の教育サービス事業に連携を広げると発表した。これまで2%程度の株式を持ち合っていた。相互に3~4%ほど買い増し、教材開発などで協力する。

教育関連市場は少子化で伸び悩み気味。代々木ゼミナールを運営する高宮学園(東京・渋谷)が校舎の削減を決めた。経営効率化のための合従連衡が増えそうだ。

学研HDは栄光HDの発行済み株式の約3.9%を取得し、同社の約6.5%を握る第3位株主となる見通し。現在は4位。栄光HDは9月16日付で学研HDの自己株式を引き受け4.3%に引き上げる。現在は10位の株主だが2位になる。

両社のこれまでの協力は栄光の教材を学研の物流子会社で保管する程度にとどまっていた。今回、両社ともに7億7千万円を投じて互いの株式を取得。学校や塾でタブレット(多機能携帯端末)を使った教育コンテンツを共同開発する。英語などの語学教材の作成や東南アジアにある学習塾の講座の開設などでも互いのノウハウを持ち寄ることを検討する。

9月に両社の役員や社員6人ずつで構成する提携推進協議会を設けて、具体的な推進計画を詰める。2年後をめどに相乗効果を検証する。

学研HDは「明光義塾」を運営する明光ネットワークジャパンや「市進学院」の市進ホールディングスとも株式を持ち合っている。栄光HDには通信教育講座「Z会」を手掛ける増進会出版社(静岡県長泉町)が29%出資している。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報