未来面は、日本経済新聞社が読者や企業トップの皆さんと課題を議論し合いながらともに作り上げていく紙面です。今年のテーマは「経営者と話そう。」。課題先進国である日本でこそ、問題解決のアイデアと経験がより生きてきます。経営者とともに、課題を解決する新たな発想づくりに挑んでみませんか。アイデアの投稿はこちらまで。

「社会が期待するコンビニの役割は」 鈴木敏文セブン&アイ・ホールディングス会長 経営者編第1回(8月4日)

(1/3ページ)
2014/8/4 3:30
共有
保存
印刷
その他

<鈴木さんの主張>

●「便利さとは何か」 答えは時代とともに変わる

●食の外部化を予想、おにぎり販売決断

●消費者が考えもしない商品を生み出す

 「セブンイレブン」の日本1号店を開いて今年で40年。スーパーが大量出店していた当時、店舗面積がわずか100平方メートル強の小さな店が成り立つのかと誰もが否定的でした。しかし、セブンイレブンは時代背景にある「便利さとは何か」を追求し、その時代の変化に合う品ぞろえやサービスを提供し、そうした見方を覆し続けてきました。

鈴木敏文 セブン&アイ・ホールディングス会長
画像の拡大

鈴木敏文 セブン&アイ・ホールディングス会長

 例えば創業後まもなく販売を始めたおにぎり、お弁当。ファミリーレストランなど外食が定着してきた時代背景を見て、取り扱いを決めました。最初は1日に2~3個しか売れませんでしたが、食の外部化が時代の流れだと販売し続け、おにぎりは年間19億個近くを売る主力商材になりました。

 新しく登場する商品がある一方、いつしか消えていく商品も多くあります。電気のヒューズもその一つ。40年前は家庭の電気回路を保護する大切な存在でした。夜にヒューズが飛ぶと家の中は真っ暗になり、電気店の閉店時間後はコンビニで買うしかなかったのです。1年でセブンイレブンに並ぶ商品の7割(約2000品目)が入れ替わるほど世の中の変化は激しく、お客様の要求も変化します。でも、棚から消えた商品を思い出すのは難しいものですね。

鈴木敏文セブン&アイ・ホールディングス会長の課題に対するアイデアを募集します。投稿はこちらから

 実は、セブンイレブンに並ぶ商品やサービスの多くはお客様の声から生まれたわけではありません。大ヒットした「セブンカフェ」や「金の食パン」もそうです。お客様は「100円でいれたてのおいしいコーヒーを飲みたい」とストレートには言いません。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報