2019年9月17日(火)

ツムラ、漢方薬原料の国産化を拡大 薬用ニンジン量産へ実験

2017/5/10 11:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

漢方薬大手のツムラは原料である生薬の国内調達を広げる。青森県八戸市で小学校の廃校を利用し、薬用ニンジンの栽培を国産化する実証実験を始めた。北海道では年間栽培量を2021年度までに16年度比3倍の2000トンに増やす。漢方薬の需要増などで主産地の中国では生薬の価格高騰が続く。生産地を分散して天候や価格変動のリスクに備え、安定供給を目指す。

ツムラは実証実験で6品目を栽培する。八戸市は夏でも涼しく、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。