/

日ハム、ウルグアイの食肉処理大手を買収 150億円

日本ハム 28日、ウルグアイの大手食肉処理会社、ブリーダーズ&パッカーズ・ウルグアイ(BPU)社を5月31日付で買収すると発表した。全株式を約150億円で欧州企業から取得する。BPU社は牛などを同国内の畜産農家などから仕入れ、処理・加工して中国や欧州、米国に輸出している。2016年9月期の売上高は193億円で、海外売上高比率は85%。純利益は8600万円だった。ウルグアイからアジアや欧米への食肉の供給ルートを確保し、世界シェアの拡大をめざす。

日本国内は少子化の影響で食肉市場が縮小する見込みで、日本ハムは海外事業を拡大している。18カ国に展開しており、ウルグアイへの進出は初めて。中南米ではチリやメキシコに続き4カ国目となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン