日立・東芝・三菱重工、原発燃料事業を統合
来春で調整 原子炉再編に波及も

2016/9/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日立製作所、東芝、三菱重工業は2017年春にも原子力発電向け燃料事業を統合する方向で最終調整に入った。日本の原発は再稼働が進まず、3社の燃料会社は経営不振が続く。統合によるコスト削減で経営基盤を強化して事業の継続をめざす。3社は世界を代表する原子炉大手。燃料事業の統合が呼び水となり、将来的に原子炉分野の再編に波及する可能性もある。

原発燃料は濃縮ウランを使ってつくる燃料棒を多数集めて集合体とし、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]