2019年1月18日(金)

上場企業の平均年間給与604万円、前年比0.96%増

2014/12/1付
保存
共有
印刷
その他

東京商工リサーチによると、2013年度の上場企業2316社の平均年間給与は604万4千円と、前年度比0.96%増えた。株価上昇などを背景に金融・保険業の平均年間給与が前年度を3.1%上回った一方、原子力発電所の停止などが影響した電気・ガス業では同6.3%減。業種により明暗が分かれた格好だ。

全体でみると約6割にあたる1451社で給与が前年度より増えた。横ばいは10社、減った企業は855社だった。給与が減った企業のうち、半数は従業員数を増やしており「積極的に人材採用したことで平均年間給与が下がったとみられる」(東商リサーチ)という。

対象企業のうち、もっとも平均年間給与が高かったのはフジ・メディア・ホールディングスで1506万円(前年度比1.7%増)だった。

調査は2014年3月期決算の上場企業2316社を対象に、平均年間給与を抽出した。10年3月期から比較可能な企業が対象で、変則決算企業は除いている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報