/

資生堂、化粧品成分にしわ改善効果発見 17年中に商品化

資生堂は28日、「レチノール」という成分にしわを改善する効果があることを発見したと発表した。厚生労働省から効果について承認を受けており、年内に有効成分を配合した商品を発売する。

資生堂によると、肌荒れに効果のある成分として知られるレチノールに、9週間で深いしわを改善する効果が認められたという。細胞内でヒアルロン酸の産生を促すため、皮膚に柔軟性を与え、しわの改善につながる。

レチノールは他の化粧品メーカーも商品に配合する成分だが、資生堂は医薬部外品としての使用に堪えられるように成分を長期間安定させる技術を持つ。このため、しわの改善効果のある医薬部外品として発売できるのは現段階では資生堂のみだという。しわ改善の効果については、昨年、ポーラも別の有効成分を配合した商品を発売した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン