/

大日本住友と京大のiPS治験、先駆け審査に指定

大日本住友製薬は28日、京都大学と共同研究を進めているiPS細胞を使ったパーキンソン病の治療薬が厚生労働省の「先駆け審査指定制度」の指定品目に選ばれたと発表した。画期的な効果が見込まれる新薬候補を開発の早い段階から優先的に審査する制度で、今回の指定を受け実用化の時期が早まることが期待される。

指定を受けたのは京大iPS細胞研究所の高橋淳教授と共同開発する医薬品。iPS細胞から作った神経になる細胞を患者に移植し、パーキンソン病の症状を治療する。京大は医師主導の臨床試験(治験)を2018年度にも開始する方針を明らかにしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン