キリン、家庭にビール直送 専用サーバー貸し出し

2015/5/28付
保存
共有
印刷
その他

キリンは28日、ビールを工場から家庭に直送し、専用サーバーで提供する新サービスを発表した。定額制の会員向けに、サーバーを貸し出して定期的にビールを届ける。鮮度の高いビールを飲食店で飲む生ビールのような泡で楽しめるという。ホームパーティーなどの需要を見込む。

キリンが新サービスで貸し出すビールサーバー

キリンが新サービスで貸し出すビールサーバー

新サービス「ブルワリーオーナーズクラブ」は自社の通販サイトで7月中旬から受け付ける。まず東京都と近隣県の1000世帯限定で展開する。

一番搾り麦汁だけを使ったビール2リットル分を、生産して1週間程度で顧客宅に月2回配送する。料金はサーバーのレンタル料も含めて月額8千円(税別)。記者会見した橋本誠一取締役は「季節ごとに少しずつ味わいが異なるビールを届ける」と述べた。

対象地域は2016年夏から段階的に拡大し、3~5年後に5万世帯の顧客獲得を目指す。

キリンは同日、炭酸水を作ることができるウオーターサーバーの受け付けも開始した。サーバーのレンタル料は月1000円で、炭酸カートリッジを1本600円で販売する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]