最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,079.09 +34.64
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,910 +40

[PR]

業績ニュース

東芝 700億円の営業黒字 4~9月、2度目の上方修正

2016/9/28 20:53
保存
共有
印刷
その他

東芝の収益回復が加速している。28日、2016年4~9月期の連結営業損益(米国会計基準)が700億円の黒字(前年同期は904億円の赤字)になる見通しだと発表。従来予想を400億円上回る。主力のフラッシュメモリーが好調で、8月に続き上方修正は2度目。通期予想は据え置いたが、上振れする可能性が高まっている。

4~9月期の売上高は14%減の2兆5500億円で、従来予想を800億円上回る。午前11時半の業績修正の発表を好感し、株価終値は前日比5%高の344円90銭と年初来高値を更新した。

中国製のスマートフォンが高度化し、メモリー搭載量が増えていることが追い風になっている。販売単価も想定より上がる。メモリー以外では、ハードディスク駆動装置(HDD)が年末商戦を前にパソコンやゲーム機向けに伸びている。

通期の営業損益は1200億円の黒字(前期は7087億円の赤字)を見込むが、上回る可能性が高い。4~9月期の上振れ分だけで900億円ある。従来予想にはリスク対応費用として600億円を織り込んでいるが、同費用は現時点で使っていない。円高による追加的な減益影響を加味しても、通期は2000億円規模の営業黒字が視野に入りそうだ。

前期に人員削減や家電撤退などの構造改革を実施し、利益が出やすい体質に変わりつつある。この状況下で、主力の半導体などの売上高が増える好循環に入ってきた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム