フジタ、ミャンマーで複合施設 東京建物と組む

2017/7/28 19:17
保存
共有
印刷
その他

フジタは28日、東京建物などとミャンマーで大規模開発に乗り出したと発表した。最大都市ヤンゴンに商業施設やホテルが入る複合施設を設ける。延べ床面積は約9万2000平方メートル、総事業費は最大約3億3250万ドル(約370億円)。フジタが設計と施工を手がけ、東京建物が商業施設とオフィス部分の運営を受託する。ホテルの運営はホテルオークラが担う。年内に着工し、2020年の竣工を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]