/

この記事は会員限定です

特許文書の解析、AIで効率化 トヨタ系とUBIC

[有料会員限定]

ビッグデータ解析サービスを手掛けるUBICはトヨタ自動車子会社と共同で、人工知能(AI)を活用して大量の特許書類を効率的に分析できるシステムを開発した。月内に発売し、企業が自社の新技術が他社の特許に抵触しないか調べるといった需要を開拓する。

トヨタテクニカルディベロップメント(愛知県豊田市)と共同開発した。同社はトヨタの特許関連業務を受託し、特許書類の分析を主に社員の手作業に任せている。新システム...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り284文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン