/

インベブとSAB、株主が買収承認

【ブリュッセル=原克彦】ビール世界最大手のアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ベルギー)と2位の英SABミラーは28日、それぞれ臨時株主総会を開き、インベブによるSABの買収について株主の承認を得た。買収手続きは10月10日に終了する予定で、世界シェアは3割に迫る見通しだ。

買収に伴い独占禁止法に抵触するのを避けるため、SABが米国と中国に持つ合弁会社の株式を売却することを既に決めている。欧州でもSABのブランドの一部をアサヒグループホールディングスに売却する予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン