/

この記事は会員限定です

島津製作所、残留農薬の分析装置 中国向け

[有料会員限定]

【北京=古川慶一】島津製作所は11月、食品に含まれる残留農薬の成分を調べる新たな分析機器を中国で発売する。試料を気化させて成分量を調べるガスクロマトグラフ質量分析計で、分析用のガスにヘリウムや水素、窒素も使える。中国で需要が高まっている「食の安全」の検査需要に対応し、分析用ガスの種類を増やして使いやすくした。

新たな分析機器は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り164文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン