/

この記事は会員限定です

日本車、「憧れ」の演出で欧米勢に出遅れ

アジアブランド調査

[有料会員限定]

日本経済新聞社がまとめたアジアブランド調査では、自動車やテレビなど「買ったことがある」ブランドで日本勢の存在感は依然強い。ただ購買力のある中間層が増える中で「買いたい」ブランドとしての地位は相対的に低下した。イメージを調べると日本ブランドは「割安」「サービス」が強く、高級感やデザインで売る欧米勢に後れを取る。広く普及したブランドに「憧れ」のイメージをどう加えるかが、日本企業にとって今後の課題だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り866文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン