/

ソフトバンク、アローラ前副社長の退職金68億円

ソフトバンクグループは28日、前副社長のニケシュ・アローラ氏の役員退任に伴う費用として68億円を2016年4~6月期に計上したと発表した。アローラ氏の実質的な退職金となる。

アローラ氏は2014年に米グーグルからソフトバンク入り。報酬額は2015年3月期は契約金も含めて約165億円、2016年3月期は約80億円だった。今回の役員退任に伴う費用を含めると、報酬額は合わせて300億円を超える。

ソフトバンクは、これらの役員報酬とは別にアローラ氏が保有していた関連会社株式を107億円で買い取ったことも同日公表した。

アローラ氏は孫正義社長の後任候補として招かれた。孫社長が当面、社長を続けることを決めたことを受け、6月下旬に退任した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン