2019年1月22日(火)

ソフトバンク、アローラ前副社長の退職金68億円

2016/7/28 17:27
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクグループは28日、前副社長のニケシュ・アローラ氏の役員退任に伴う費用として68億円を2016年4~6月期に計上したと発表した。アローラ氏の実質的な退職金となる。

アローラ氏は2014年に米グーグルからソフトバンク入り。報酬額は2015年3月期は契約金も含めて約165億円、2016年3月期は約80億円だった。今回の役員退任に伴う費用を含めると、報酬額は合わせて300億円を超える。

ソフトバンクは、これらの役員報酬とは別にアローラ氏が保有していた関連会社株式を107億円で買い取ったことも同日公表した。

アローラ氏は孫正義社長の後任候補として招かれた。孫社長が当面、社長を続けることを決めたことを受け、6月下旬に退任した。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報