FinTech

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

電子マネー決済5兆円突破 「少額利用」広がる

2017/2/28 17:45
共有
保存
印刷
その他

 電子マネーの利用が右肩上がりで伸びている。日銀が28日に公表した統計によると、2016年1~12月の累計の決済金額は初めて5兆円の大台を突破した。07年の調査開始以降、増え続けており、日本の電子マネーの決済金額は主要国の平均を大きく上回っている。

■スイカなど交通系がけん引

 16年の決済金額は5兆1436億円と、前年比10.8%増えた。件数も51億9200万件と、11.0%増えた。前年に比べた伸び率が15%を超えていた前年までと比べると伸び幅がやや縮まったものの、なお2ケタ増の高い伸びだ。過去3年で決済金額は6割強増えた。

 けん引役となっているのが、「Suica(スイカ)」や「PASMO(パスモ)」などに代表される交通系の電子マネーだ。大都市圏で電車で通勤・通学する人を中心にカードの保有や決済が広がっている。最近はスマートフォン(スマホ)に専用アプリを組み込み、買い物に利用する人も増えた。昨年10月に米アップルが日本でiPhone(アイフォーン)を使った決済サービス「アップルペイ」を始めたことも利用を後押しする要因となった。

 日銀は先週公表した「決済システムリポート別冊」の中で、日本における電子マネーの決済金額は、主要国の平均を大きく上回ると指摘している。名目国内総生産(GDP)比でみた日本の電子マネーの決済金額は0.9%と、主要13カ国のうちで最も比率の高いイタリアの1.0%に次いで高かった。主要13カ国の平均は0.4%で、これを大きく上回っている。

■残高は膨らみにくく

 イオンやセブン&アイ・ホールディングスなど大手流通系の電子マネーでは、買い物などに使えるポイントを付加して顧客の利用を促しているものも多く主婦層などを中心に利用が増えている。店側としても、電子マネーの利用拡大を通じて顧客動向を把握しやすくし、これをビッグデータ分析などに生かす狙いもある。日銀は、こうした動きを反映して、電子マネーの決済は「小売店での少額決済を中心に急速に増加している」と指摘している。

 もっとも現金やその他の決済手段を含めてみると、電子マネーの規模は依然として小さい。日本クレジット協会の調査によると、クレジットカードの16年の利用額は49兆円(信用供与額、大手29社のショッピングとキャッシングの合計)。これと比べると、電子マネーの5兆円は増えたとはいえ、なお小規模にとどまっている。

 現金発行残高との比較で見ると、差は歴然としている。お札と硬貨を合わせた現金の発行残高は100兆円を超す。その一方で電子マネーの残高規模は昨年9月末時点で2541億円にとどまる。もともと電子マネーは少額のチャージを繰り返して使うケースが多く、残高が膨らみにくいことも影響している。

 電子マネーは徐々に普及しつつあるものの、日本では海外と比べて支払いにカード決済よりも匿名性の高い現金を好んで使う傾向が根強いようだ。ただ電子マネー市場の拡大に伴い、一円玉や五円玉などの小額硬貨の流通は減少が続いている。小額決済でキャッシュレス化が進んだことが、小額硬貨の流通に影響を与えている可能性がある。

(浜美佐)

FinTechをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

FinTech 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

好調だったビットコイン価格に転機が訪れている(写真は0.001ビットコインの価値を持つプラスチック製の「コイン」)

政府管理ないはずが…ビットコイン急落、中国が翻弄 [有料会員限定]

 ビットコインをはじめとする仮想通貨の価格が下落傾向にある。中国当局が国内の取引所に9月末までの閉鎖を通知したとの14日の現地報道を受けて、15日のビットコインの価格は対ドルで前日に比べ一時的に約2割…続き (9/15)

野村、米国でベンチャー投資1億ドル 西海岸に専任チーム

 野村ホールディングスは15日、米国の新興ベンチャー企業に1億ドル(約110億円)を投資する枠を設けると発表した。米カリフォルニア州サンフランシスコの拠点に「イノベーション・オフィス」を設置し、シリコ…続き (9/15)

フィンテックと投資教育(大機小機)

 フィンテックが急速に存在感を増している。金融機関のサービス高度化や商品開発に活用されているだけではなく、個人の投資対象としても広がっている。前者は法令上、厳しい投資家保護体制を求められる仲介者が担い…続き (9/15)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月20日(水)

  • インテルとWaymo、完全自動運転の実現を目指して協力
  • 触って感じた「iPhone X」第一印象―「iPhone 8/8 Plus」とどう違う?
  • グーグルも交えて大混戦、通信・メディア再編の鍵は映像とモバイル

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月20日付

2017年9月20日付

・香港のIT企業「オクト3」、電子コインで資金調達
・キャトル、試供品、狙った顧客層に配布
・日本バルカー、複数用途対応のグランドパッキン販売
・鉄鋼、旺盛な需要下で相次ぐ設備トラブル
・低コストの宅配ロッカー、ウィルポート 外部電源不要に…続き

[PR]

関連媒体サイト