冷凍牛肉の緊急輸入制限 こだわりのステーキ店は動じず

2017/7/28 15:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国産などの冷凍の輸入牛肉に対してセーフガード(緊急輸入制限)が8月1日から発動されることになった。関税引き上げで牛丼チェーンなどの外食産業には痛手となるが、赤身肉を塊で焼くステーキ店からは動揺する声は聞こえてこない。今回の発動対象が冷凍牛肉に限られ、冷蔵(チルド)の肉を使っている場合は影響がないためだ。赤身肉をこよなく愛する「アカミニスト」には打撃は少ないといえそうだ。

■冷蔵牛肉は対象外

「店…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]