/

この記事は会員限定です

働き方改革の特需争奪 IT企業自らを「見本」に

富士通、全社員3.5万人に在宅勤務制度

[有料会員限定]

官民挙げて働き方改革を推進するなか、企業が格好の商機とみて働き方に関連する製品やサービスの売り込みを強化している。富士通は全社員3.5万人を対象に在宅勤務制度を今春導入する計画を打ち出した。自社のIT(情報技術)サービスを活用し、自らを「ショーケース」にして顧客を開拓する。ITを使って自宅などで仕事ができるテレワークだけで関連市場の規模は年間2000億円を超えるとの試算もあり、「特需」の争奪戦が激しさを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1012文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン