日常消費の回復もたつく マヨネーズやパン、値上げ前水準に

2014/10/29付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スーパーなどの店頭に並ぶ加工食品の販売が振るわない。食品メーカーは昨年から、原料高などでマヨネーズや食パンといった商品を値上げしたが、足元の店頭価格は値上げ前の水準に戻った。消費者の節約志向が強く、スーパーなどは価格を引き下げないと需要を取り込めない。都市部や高額商品の消費は回復傾向にあるが、「日常消費」は力強さを欠く。

食品メーカーが2013年以降に値上げを実施した加工食品を対象に、全国のスー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]