/

パナソニック・NTT東など 1万4000戸でエネ管理実験

NTT東日本など通信3社とパナソニックは28日、約1万4千戸を対象にHEMS(家庭向けエネルギー管理システム)の実証事業を来月から始めると発表した。2016年の電力小売り自由化を視野に、国内最大級の実験を通じてHEMSの普及を促す。

NTT東日本やKDDI、ソフトバンクBB、パナソニックの4社を中心に計20社がコンソーシアムを組み、9月から2016年3月まで実施する。家庭内の電力使用量を管理して省エネにつなげるほか、高齢者見守りなど様々な生活支援サービスも予定している。

HEMSで把握した各家庭の電力利用データをクラウドで一元管理し、集積したビッグデータの分析を通じて新たな生活支援サービスの創出を目指す。同事業は経済産業省の補助事業「大規模HEMS情報基盤整備事業」として採択された。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン