/

ソニー、本社土地をソニー生命に売却 528億円で

ソニーは28日、本社(東京・港)の土地を連結子会社のソニー生命保険に売却すると発表した。売却額は528億円で9月中の手続き完了を目指す。グループ内取引のため、2015年3月期の連結業績見通しに与える影響は軽微としている。

本社は2006年、ソニーが保有する土地にソニー生命が建設した。敷地面積は約1万8165平方メートルで地上20階の建物に約7000人の従業員が働く。ソニーはソニー生命から建物を賃借している。今後、ソニー生命が土地・建物を一貫して運営する。

連結業績への影響は軽微だが、ソニー本体は売却額と帳簿価格(約13億円)の差額約515億円を売却益とし計上する。エレクトロニクス事業の黒字化に向け、早期退職者を募集するなど、多額の現金流出を伴う構造改革を実行している。資産リストラで得た収益を企業体質の改善に充てる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン