2018年7月18日(水)

三菱商事、ミャンマーで食品合弁 製造から物流まで

2015/3/30付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 三菱商事はミャンマーで食品事業に乗り出す。5月に現地の複合企業が持つ製粉・コーヒー会社に3割出資する。合弁会社は今後3年で250億円を投じ、加工食品の製造や新たな物流網の整備を進める。ミャンマー企業の主力事業に日本企業が出資するのは初めて。同国政府が外資導入をテコに経済成長を目指すなか、日本企業と現地企業の新しい連携のモデルともなりそうだ。

 キャピタル・ダイヤモンド・スター・グループ(CDSG、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報