/

この記事は会員限定です

ブリヂストン、タイヤ6年ぶり値上げ

原料高で平均6%

[有料会員限定]

ブリヂストンは6月1日から6年ぶりに国内市販用タイヤを値上げする。主原料である天然ゴムや合成ゴム価格が上昇しているためで、上げ幅は乗用車用夏向けで平均6%。最大手のブリヂストンが値上げを決めたことで他社も追随しそうだ。

乗用車用だけでなくトラック用なども値上げする。原料の半分を占めるゴム価格が上昇している影響が大きい。天然ゴムは産地のタイで1月に洪水が起き、供給不安が高まっている。合成ゴムも石油化学製品の価格...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り202文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン