/

この記事は会員限定です

「節電なし」初の夏が来る 窮地を救う省・再・新

[有料会員限定]

東日本大震災が発生した2011年以来、初めて節電要請のない夏がやってくる。経済産業省の認可法人、電力広域的運営推進機関(広域機関)は28日、新規参入組の新電力を含めて今夏は電力需給に余力があると確認した。今夏は猛暑が予想され、原子力発電所の再稼働も進んでいない。節電のない夏は、なぜ実現するのだろうか。

東電管内が一番厳しく

「需給バランスは維持できる」。広域機関は28日、電力需給を評価する専門委員会を開き、今夏の国全体...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1836文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン