/

ヤマト運輸、AIと対話し荷物確認 LINE使い

ヤマト運輸は27日、宅配便の利用者が人工知能(AI)との対話で荷物の状況を確認できるサービスを始めた。無料対話アプリ「LINE」のトーク機能を活用し、AIに問いかけたり、AIからの質問に答えたりすることで配達予定などの情報を調べられる。LINE上から簡単に配達日時や届け先の変更も申し込めるようにした。

ヤマトは1月にLINEで宅配便の配達予定日時や不在時の連絡を送るサービスを始めた。従来はヤマトからメッセージを送るだけだったが、AIを導入して利用者からの質問に自動回答できるようにした。

例えば、利用者がLINEで荷物番号を入力すると、AIが配達予定日時を回答する。配達予定を変更したい場合も、AIの誘導に従えば、変更手続きをするサイトにスムーズに移動できる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン