/

この記事は会員限定です

コカウエストやダイドー、自販機を外国語対応に

[有料会員限定]

飲料業界で自動販売機に外国語を表示する動きが広がってきた。コカ・コーラウエストは4月中旬から外国人観光客が多い京都や大阪を中心に使い方などの説明書きを約8000台に付ける。ダイドードリンコも4月から試験的に実施して販売効果を見極める。飲料市場の成長が頭打ちになるなか、急増する訪日観光客を取り込む。

コカウエストは西日本で30万台の自販機を運営している。1月から福岡空港(福岡市)や鳥栖プレミアム・ア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り228文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン