未来面は、日本経済新聞社が読者や企業トップの皆さんと課題を議論し合いながらともに作り上げていく紙面です。今年のテーマは「経営者と話そう。」。課題先進国である日本でこそ、問題解決のアイデアと経験がより生きてきます。経営者とともに、課題を解決する新たな発想づくりに挑んでみませんか。アイデアの投稿はこちらまで。

「どのような夢や技術があれば、より良き社会が実現できるか」 斎藤保IHI社長 経営者編第10回(5月11日)

(1/3ページ)
2015/5/11 3:30
保存
共有
印刷
その他

<斎藤さんの主張>

●強い意志と創意工夫の積み重ねが未来をたぐり寄せる

●文科系と理科系、両輪の歯車がかみ合って社会に役立つ技術に

●「見て」「聞いて」「触れて」考えることでイノベーションは生まれる

■欠かせない技術と人材

斎藤保 IHI社長

斎藤保 IHI社長

私は社内で「意志」や「こだわり」という言葉をよく使います。読者の皆さんも同じでしょうが、夢を描いているだけでは、夢は実現しません。夢に近づくためには、夢の可能性を信じて、それを実現しようとする強い意志やこだわりを持ち続けることが大切だと確信しているからです。

IHIは「技術をもって社会の発展に貢献する」「人材こそが最大かつ唯一の財産である」というビジョンを掲げています。夢を実現するには技術と人材が欠かせません。当社の創業した1853年(嘉永6年)はペリーが来航し、日本という国が覚醒し、新しい国づくり(工業化)が動き出した年でもあります。「ものづくり」を通して、160年超にわたり日本や世界の発展を見守ってきました。

さて、若い読者の皆さんにお願いがあります。それは「どのような夢や技術があれば、より良き社会が実現できるか」を考えてもらいたいのです。

斎藤保IHI社長の課題に対するアイデアを募集します。投稿はこちらから

夢と技術はどうすれば両立するのでしょうか。「遠くにいる人と話をしたい」という夢があったから、通信手段としての電話がうまれました。夢という創造力が技術の発展を促したのです。飛行機やロケットもそうです。遠くに行きたい、宇宙に行きたいという強い意志を持ち続け、日々の創意工夫や改善を積み重ねたことが夢を実現し、未来をたぐり寄せたのです。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

三浦惺・NTT会長編

木村康・JXホールディングス会長編

永瀬昭幸・ナガセ社長編

大野直竹・大和ハウス工業社長編

尾堂真一・日本特殊陶業社長編

柄澤康喜・三井住友海上火災保険社長編

木川真・ヤマトHD社長編

小林喜光・三菱ケミカルホールディングス社長編

鈴木敏文・セブン&アイHD会長編

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

  • 企業

電子版トップ

電子版トップ連載トップ