シャープ最終赤字2300億円 15年3月期、亀山の減損響く

2015/4/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

シャープの2015年3月期の連結最終損益は2300億円程度の赤字(前の期は115億円の黒字)になったようだ。営業損益も400億円前後の赤字(同1085億円の黒字)となったもよう。液晶パネルやテレビ事業の苦戦に加え、主力工場の減損処理も響いた。今夏に主力取引銀行から約2000億円の資本支援を受ける方針で、従業員削減などと合わせて経営再建を急ぐ。

赤字は2期ぶり。売上高は従来予想を1000億円ほど下…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]