/

任天堂 復活の兆し 18年3月期、営業益2.2倍

任天堂の業績に復活の兆しが見え始めた。27日、2018年3月期の連結営業利益が前期比2.2倍の650億円になりそうだと発表した。3月に発売した家庭用据え置き型ゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」の販売がけん引する。今期に1000万台の売り上げを目指す。

3月末までのスイッチの販売台数は274万台と、発売当初の目標の200万台を上回った。同日、大阪市内で記者会見した君島達己社長は「スイッチで体験できる新しい遊び方を理解してもらえた」と語った。着脱式コントローラーに物の形や動きをとらえるカメラや微細な振動を伝えるモーターを搭載するなど、新たな機能が受け入れられているようだ。

18年3月期の売上高は前期比53%増の7500億円になる見通し。増収に転じるのは09年3月期以来9期ぶりだ。前期に米大リーグ・シアトルマリナーズ運営会社の持ち分売却益645億円を計上した反動で、純利益は450億円と前期比56%減る。

一方、任天堂は27日、竹田玄洋代表取締役が6月29日に退任すると発表した。前社長の岩田聡氏が急逝した後、技術フェローとして君島社長らと経営を担ってきた。退任後は特別顧問に就任する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン