/

この記事は会員限定です

エアアジア、スカイマーク前会長・前社長に経営参画要請

[有料会員限定]

日本市場への再参入を目指すマレーシアの格安航空会社(LCC)エアアジアが、今年1月に民事再生法の適用を申請したスカイマークの元幹部らに経営参画を要請していることが27日、明らかになった。国内線就航に向けた運航体制づくりなどで助言を受けるとみられる。破綻企業の経営陣が同業他社に移るのは珍しく、注目を集めそうだ。

エアアジアから打診を受けたのはスカイマーク前会長の井手隆司氏(62)と前社長の有森正和氏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り431文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン