/

この記事は会員限定です

「長時間労働を前提としない人材育成を」 日本総研・山田氏

[有料会員限定]

電通が27日、総労働時間の2割削減を柱とした労働環境改革基本計画を発表した。労働政策に詳しい日本総合研究所の山田久チーフエコノミストは同計画について「高いハードルの目標」としたうえで、長時間労働に頼らずに人材を育成する仕組みが産業界全体で不可欠と指摘した。

――電通が発表した計画をどう評価しますか。

「かなり思い切った改革と言える。1人あたりの総労働時間を2割削減し、年1800時間にするとの目標は1日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り621文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン