/

アンドロイドにまた脆弱性 スマホ乗っ取られる恐れ

情報処理推進機構(IPA)などは27日、スマートフォン(スマホ)などの基本ソフト(OS)「アンドロイド」に、セキュリティー上の欠陥(脆弱性)があると発表した。悪用されれば、ウイルスに感染した公衆の無線LANに接続した際にスマホが乗っ取られるという。別のサイバー攻撃の「踏み台」になる可能性もあり、ソフトの更新などが必要となる。

日本レジストリサービス(東京・千代田)が「アンドロイド4.3」以前の古いソフトに脆弱性を見つけた。スマホを通じて別の端末をネットにつなぐ「テザリング」機能と無線LANの受信機能に影響が出る。

対象のソフトを使う端末の利用者は全体の56%とみられる。利用者はOSの最新版への更新やウイルス対策ソフトの活用、不用意に公衆無線LANに接続しないなどの対策が必要だ。該当機種は情報公開サイト「JVN」で確認できる。アンドロイドでは24日にも別の脆弱性が見つかった。米グーグルの日本法人(東京・港)は「専門チームがメーカーと協力し対策ソフトを公開している」という。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン