ソニー、データストレージ参入 光ディスクで長期保存

2015/7/28付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソニーは光ディスクを活用したデータストレージ(外部記憶装置)事業に参入する。工場の監視カメラやSNS(交流サイト)で大量に発生する情報「コールドデータ」を省エネで長期保存する。光ディスク事業は音楽CDの需要減で赤字が続いたが、リストラ後の成長戦略で掲げた「継続して稼ぐ」事業に転換する。2016年前半にもシステムを発売し、20年度をめどに年間売上高1000億円規模を目指す。

ソニーは新たに開発した…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]