傾斜マンションの手厚い補償、建て替えが前提に
三井不動産系、住民に内容提案

2015/10/27 21:39 (2015/10/27 23:21更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

横浜市内の傾斜マンション問題で販売元の三井不動産レジデンシャルは27日、住民に具体的な補償内容を示した。全4棟の建て替えを前提条件とし、転出を希望する住民には新築価格で買い取る手厚い内容だが住民合意にはハードルも高い。今回の補償交渉は同様の問題が今後起きた場合のモデルケースとなっていくとみられ、不動産各社も注視している。

三井不動産レジデンシャルは15日の住民説明会で傾いた棟を含む全4棟の建て替…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]