/

大日本住友製薬、早期退職を募集 生産現場250人対象

大日本住友製薬は27日、45歳以上の生産現場の社員約250人を対象に早期退職を募集すると発表した。海外事業が好調な一方、薬価の削減や後発薬の普及で国内事業は低迷している。人員削減で国内の収益環境を立て直す。2016年にも営業部門などを対象に早期退職を募集しており2年連続となる。

募集期間は11月15日から12月15日まで。退職金に特別退職金を加算するほか、希望者には再就職も支援する。早期退職に関する費用は18年3月期に特別損失として計上する。応募者数や退職金総額が確定すれば、業績への影響を公表する。

同社は18年度中に国内の生産拠点を4工場から2工場に集約する。今回の早期退職は工場再編に伴う人員削減の一環という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン