ロート製薬、再生医療で肝硬変治療 新潟大と治験開始

2017/7/27 19:45
保存
共有
印刷
その他

ロート製薬は27日、肝硬変治療用の再生医療製品の臨床試験(治験)を始めると発表した。他人の体から手術の際などに取りだした脂肪の中にある特殊な細胞を培養し、患者に注射する。肝硬変は肝臓の組織が繊維状になって硬くなる疾患で、これまで有効な治療法が少なかった。新潟大学と組んで実施し、2020年度の承認を目指す。

C型肝炎や肝硬変の患者を対象に、新潟大学医歯学総合病院で治験を始める。…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]