東急不動産、原宿に400億円で商業施設 渋谷と回遊促す
東京五輪までに完成

2016/1/28 22:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東急不動産は東京都心部で大型開発を加速する。2020年までの完成を目指し、原宿に商業を核とする大型施設を建設する。総事業費は400億円程度になる見込みで、渋谷駅を中心とする「広域渋谷圏」の魅力を高め、訪日客や20~30代を取り込む。三井不動産、三菱地所の大手2社が都心、郊外双方で商業施設を広げる中で、東急不動産は得意とする都心部に経営資源を投入し、収益基盤の確立を急ぐ。

渋谷区の再開発地域はJR…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]