2019年1月20日(日)

ヤマダ、5%減益 15年3月期純利益、地方で消費低迷

2014/10/27付
保存
共有
印刷
その他

ヤマダ電機は27日、業績予想を修正し2015年3月期の連結純利益が前期比5%減の177億円になる見通しだと発表した。32%増の247億円としていた従来予想から一転、最終減益となる。地盤とする地方都市を中心に消費増税後の販売不振が長引き、売り上げが期初想定を大きく下回っているという。

売上高は11%減の1兆6920億円を見込む。4%減の1兆8130億円としていた従来予想から1210億円引き下げた。テレビや冷蔵庫、洗濯機などの購入単価は上昇傾向だが、販売数量が伸び悩んでいる。夏場の天候不順の影響でエアコン販売も苦戦した。

営業利益は7%減の320億円となる見通し。従来予想は23%増の421億円だった。店舗の効率化や販売管理費の見直しなどコスト削減を進めるが、売上高の減少分を補いきれない。

ヤマダの全店売上高は9月に前年同月比16.5%減と消費増税後で最大のマイナス幅を記録した。「夏のボーナス商戦が不発で、足元の販売も依然として弱い」(経営企画室)という。14年4~9月期の決算発表は11月6日に予定している。

消費増税後の個人消費は、都市部で比較的堅調な動きが見られる一方、郊外や地方では回復が遅れる二極化の傾向が鮮明になっている。家電量販でも都心大型店主力のビックカメラは15年8月期に2期連続の最高益を見込んでいる。郊外や地方の店舗を主力とするヤマダの業績下方修正で、この二極化が明確になった格好だ。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報