アジア > アジアニュース
アジア最新ニュースの掲載を始めました

技術系スタートアップ100社が渋谷に集結
アジア最大級の起業家支援イベント「テックインアジア」開幕

2017/9/27 17:32
共有
保存
印刷
その他

 テック(技術)系ニュースを配信するテックインアジア(シンガポール)が主催する、アジア最大級の起業家支援イベント「テックインアジア トウキョウ2017」が27日、東京・渋谷で開幕した。2日間で2500人を超える世界中の起業家や投資家が集まる予定だ。イベントの日本での開催は4年目で、今年は世界約10カ国から100社以上のスタートアップ企業が出展し、起業家による講演も開かれた。

 会場では投資家や新規事業開発の担当者らビジネス目的の参加者が目立った。多くのスタートアップも資金調達を含めた関係づくりに向け、自社の製品やサービスをアピールした。

 福岡市を拠点とするベンチャーキャピタル、エフベンチャーズの両角将太代表は出資先を見つけるために訪れた。「スピードデート」と呼ばれる仕組みを使い、1時間で10社から事業紹介を受けた。「カジュアルな場だからこそ良い出会いがある」と話す。昨年はスピードデートから1社に出資した。

 クラウド会計ソフトのfreee(フリー、東京・品川)の佐々木大輔社長は14年から登壇者側で参加している。「先輩起業家として、会場で初対面の起業家の相談に乗ることも何度かある」と起業家が参加するメリットを語る。

 テックインアジアはシンガポールに本社を置き、アジアのスタートアップに関するニュースを配信している。著名な起業家育成機関「Yコンビネーター」や、ソフトバンクグループがインドネシアの通信大手インドサットと設立したファンドから出資を受けている。イベントはシンガポール、インドネシア、日本で毎年開催している。

(吉田楓)

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]