大和ハウスとVBのハコブ、トラック待機時間短縮へ実験

2017/9/28 23:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大和ハウス工業とベンチャー企業のHacobu(ハコブ、東京・港)は物流拠点でのトラックの待機時間を削減する取り組みを始める。車に取り付けた機器から位置情報を取得し、トラックの運行情報をシステム上で管理。施設につけたカメラで入出庫状況を把握することでトラックが渋滞せずスムーズに荷下ろしできるようにする。年内に実証実験を始め来年以降の商用化を目指す。

ハコブはトラックの走行情報を管理できる機器を運送…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]