シスコ、アップルとサイバー防衛で協業 被害の保険料抑制

2017/6/27 21:51
保存
共有
印刷
その他

【ラスベガス=中西豊紀】米IT(情報技術)大手のシスコシステムズは26日、法人向けモバイル端末のサイバー攻撃対策で米アップルと協業すると発表した。シスコの記者会見に出席したアップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は「(サイバー被害を想定した)保険の料金の大幅な軽減につながる」と述べた。

シスコがラスベガスで開催中の開発者向け会議で明らかにした。具体的な内容は公表しなかったが、シスコは通信ネットワーク内の暗号化された攻撃ソフトを人工知能(AI)で検出するシステムを開発している。これにアップルの最新の基本ソフト(OS)技術を組み合わせるもようだ。

近年のサイバー攻撃は攻撃者が相手の情報を盗むだけでなく身代金を要求するなど企業の被害が拡大している。この結果、サイバー被害を想定した保険商品への需要も高まる見通し。シスコのチャック・ロビンスCEOは「アップルとの協業により保険会社がサイバー攻撃のリスク算出をしやすくなる」と述べた。

アップルはスマートフォン(スマホ)の「iPhone」やタブレットの「iPad」の法人向け販売を進めている。シスコとの協業について保険業界とも話し合いを始めているとみられ、将来は企業がアップル製品を使えばサイバー保険が安くなるといったサービスを想定しているようだ。

アップルはシスコと2015年から法人向けのネットワーク分野で提携関係にある。米IBMや独SAPとも法人向けのソフトウエア開発などで提携している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]