/

ケンコーコム、社長が辞任表明

楽天子会社で大衆薬や日用品のインターネット通販大手のケンコーコムは27日、後藤玄利社長(47)が辞任の意向を表明したと発表した。10月下旬に開く臨時取締役会で取締役も退任、後任は未定という。

同社は後藤社長の辞任理由を「経営体制を刷新し楽天グループとの事業の相乗効果をあげるため」としている。ケンコーコムは2012年に楽天の傘下に入っていた。

後藤社長は1994年にヘルシー・ネット(現ケンコーコム)を設立した。大衆薬の通販が規制されたことを受けて09年に国を相手取って提訴。13年に最高裁判決で規制の無効を勝ち取り、ネット通販ルールを明確化した今年6月の改正薬事法の施行につながった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン