/

キリン豪子会社、インベブのライセンス販売終了 コロナなど

キリンホールディングス(HD)は27日、オーストラリア子会社ライオンが、ベルギーのアンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABI)から輸入している「コロナ」などのビールのライセンス販売を終了すると発表した。これを受け、ABIから解約金として最大3億豪ドル(約230億円)を受け取る。ライオンは販売量の約1割を占めているブランド群を失うことになる。

キリンHDは同日、直近の為替レートで換算すると207億~249億円の特別利益を16年12月期に計上する見込みだと発表した。

ABIとライセンス契約しているのは「コロナ」のほか「ステラ・アルトワ」「バドワイザー」など10種類のブランドの輸入ビール。9月末に販売を終了する。ビール世界最大手のABIは同2位の英SABミラーと統合交渉を進めており、今後はSABミラーの豪子会社がABIからの輸入ビールの販売を担うとみられる。

ライオンはオセアニア地域で飲料事業を展開している。15年の売上高は4387億円でオーストラリアでは最大のシェアを握る。キリンHDは今後、ABIからの解約金を主力ブランドの「フォーエックス・ゴールド」や人気が高まっているクラフトビールなどへの投資に回す考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン