/

「回らない」スシロー、1貫100~500円 女性客需要狙う

回転ずし最大手のあきんどスシロー(大阪府吹田市)は29日、回転レーンがなく「皿が回らない」すし店を東京・目黒に開く。1貫の価格は100~500円前後(税別)にし、定番メニューが1皿100円(同)の従来店「スシロー」に比べて高級感を出した。一口サイズのロールずしや、トッピングできるすしもメニューにそろえ、女性客の需要を狙う。

新店「ツマミグイ」の店舗面積は150平方メートルで、従来店の約半分。卓上のタブレット(多機能携帯端末)で注文する。すしのほか、サラダ(480円~)やローストビーフ(1050円)、ボトルワイン(3500~1万2000円)も出す。一般的に回転ずしの客単価は1000円前後だが、同店ではアルコールも含め夜は4000円前後を見込む。

年内に東京都内の主要駅前に数店を開き、その後は大阪などでの展開も見込む。スシローの店舗数は約380店あるが、東京都内の約20店の多くは郊外。面積が小さく高単価の新業態で手薄な都心部を開拓する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン