/

出版販売4.5%減、14年 過去最大の落ち込み幅

出版科学研究所(東京・新宿)は26日、2014年の紙の出版物の推定販売金額が前年比4.5%減の1兆6065億円だったと発表した。前年比減少は10年連続で、落ち込み幅は1950年の統計開始以来、最大だ。内訳をみると、書籍は前年比4%減の7544億円、雑誌は同5%減の8520億円だった。消費者の活字離れに加え、消費増税の影響も市場の縮小に拍車をかけた。

販売部数でみると、書籍は前年比4.8%減の6億4461万冊、雑誌は同6.4%減の16億5088万冊にとどまった。特に女性ファッション誌は落ち込みが激しく、14年には08~09年ごろに流行した「ギャル系」の雑誌が相次ぎ休刊している。雑誌は返品率が40%台に達するなど苦戦を強いられている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン