/

TRC、CCCとの関係見直し 図書館運営で対立

大日本印刷グループの図書館流通センター(TRC、東京・文京)が、共同で図書館事業を手がけるカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)との関係を見直す方針であることが26日分かった。図書館の運営方針について両社の考え方に違いがあったようだ。

両社は自治体を対象にした図書館事業の拡大を図っていたが、9月末には共同で手がける海老名市立図書館(神奈川県海老名市)で不適切な書籍があるという指摘が出た。愛知県小牧市で計画していた新図書館については今月4日に建設計画の是非を問う住民投票で反対が賛成を上回った。20日に同市が建設に向けた契約を解消する意向を表明した。

TRCの石井昭社長は「図書館に対する考え方で大きな違いがあった」と話す。海老名市立図書館の運営は当面続ける意向だが、将来的には「(運営から)離脱の方向で動く」(石井社長)としている。一方、CCCは「海老名について、これまで通りに(共同で)進めていく認識だった。これから協議して決めていきたい」とコメントしている。

CCCは佐賀県武雄市の図書館でも不適切な書籍があったとの指摘を受けていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン