/

シャープ、協調融資5100億円契約更改

シャープは26日、4月30日が期限の協調融資5100億円について、主取引行のみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行を含む各金融機関と契約を更改したと発表した。シャープは更改した金額や契約期間などを非公表としているが、5千億円規模を複数年の契約で借り換えたとみられる。運転資金などに充てる方針だ。

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業による買収契約締結を受け、借り換え交渉を進めていた。協調融資の返済期限は当初3月31日だったが、1カ月延長されていた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン