/

日本製粉など、家庭用小麦粉の一部値上げ

製粉大手各社が7月1日出荷分から家庭用小麦粉の一部商品を値上げする。原料となる輸入小麦の政府売り渡し価格が4月から改定されたことを受けた措置。日本製粉は26日、パンなどに使う強力粉で約3.5%値上げする一方、お菓子など向けの薄力粉で約0.5%値下げすると発表した。

昭和産業も7月1日出荷分より強力小麦粉「クオリテ 700グラム」を2%値上げ、薄力小麦粉「フレンド 1キログラム」を1%値下げする。日清製粉グループの日清フーズも既に価格改定を発表している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン